新作子供会ソフトボール

2003年 7月



2003年7月6日 練習試合
 6日は葛飾区亀有まで遠征して練習試合を行った。亀有で活動しているイーグルスさんのコーチからインターネットを通じて練習試合の申し込みを受けて、初めて亀有で試合を行った。

【vs イーグルス戦】
 新作の先攻で始まったこの試合、先頭の大輔が四球で出塁。相手バッテリーのミスで無死3塁の先制のチャンス。2番斎藤のセンターフライで大輔がタッチアップで本塁を狙うが、惜しくもアウト。後続も倒れて初回は0点。
 その裏のイーグルスさんの攻撃、先発は凌也。先頭バッターにいきなりセンターにいい当たりをされ、しかも岩崎がそらした為、ランナーは3塁を回る。しかし中継プレーが完璧にいって本塁でアウト。(大輔のナイスブロックもあった。)続く2番バッターも塁に出してしまうが、なんとかアウトに取って0点で切り抜ける。冷や冷やの立ち上がりとなった。
 2回の新作の攻撃も3塁までランナーは進めるもトリックプレーに引っかかり本塁でアウト。本塁が遠い・・・。同様にイーグルスさんも3塁までランナーを進めるも後続が続かず2回を終わって0対0。
 3回に試合が動く。先頭の廉、次の大輔が四球で出塁。2死2・3塁から4番橋之口の適時打で先制点を奪う。しかしその裏、レフト江頭のエラーからランナーを出してしまい、適時打を浴びて同点に追いつかれる。
 まだまだピンチが続き、1死満塁でピッチャーゴロに打ち取るも本塁に悪送球で2点を献上、次打者のバントをピッチャーが抑えるも挟殺プレーでピッチャーの悪送球が続き、さらに2点。
 4回の新作は三者凡退に抑えられ、時間切れで試合終了。
 試合は5対1でイーグルスさんの勝ち。ピッチャー凌也の一人相撲・・・。

 
新 作  
イーグルス ×  


【vs ドラゴンズ戦】
 続く対ドラゴンズ戦。この試合も新作の先攻で始まる。先頭の大輔が内野安打で出塁。1死後高野の右中間を抜ける三塁打で先制。その後も四球や相手バッテリーのミスが続き、2安打で4点を先制。
 その裏のドラゴンズさんの攻撃、先発は直哉。先頭バッターを四球で出した後、4連打を浴びてあっという間に同点に追いつかれる。その後もエラーやヒットで、打者12人の攻撃で逆転される。
 2回の新作は相手のエラーで1点を返すも3・4番が連続三振で後が続かない。その裏、またまた直哉が三塁打2本を含む4連打を浴びて4点を取られる。
 3回にも四球で出したランナーを、相手のエラーで2点を返す。その裏は直哉が三者凡退で抑えるも、4回の新作も三者凡退に抑えられて試合終了。
 試合は11対7でドラゴンズさんの勝ち。エラーはほとんどなかったが、直哉の球が甘くなったところを、ことごとく痛打された。

 
新 作  
ドラゴンズ ×   11



 2試合を通して、両チームの投手とも速いボールを投げていたが、それに臆することもなく打てたのは良かったが、その反面、内外野のエラーが目に付く。特に1試合目の凌也が2つのエラーで4点を取られる始末・・・。
 いかにキャッチボールをやっていないか、または真剣に取り組んでいないかを物語っている。たぶん本人たちは真剣に取り組んでいるんだろうけど、結果がこれでは。もちろん試合と練習では緊張感が違うし、試合のほうが緊張しているのもわかる。だからこそ練習中にいかに緊張感を持つかが大事になっていく。三坂監督が常に緊張感を持ってやれと言っているが、残念なことにそれが伝わっていないように思えてしかたない。
 先週の中央大会の地区予選の時もそうだが、「勝とう!!」という気持ちが全く伝わってこない。試合直前にもなってふざけていたりしている子がいたりもする。それでは絶対に勝てない・・・。
 それからずっと言ってきているが、1つのミスが試合を左右するということをもっと自覚していかないと。新人戦の時から1つのミスがきっかけで負けているのに、全くわかっていない。もういい加減わかってもいいと思うのだが・・・。

 今回、この練習試合が行えたのはインターネットにホームページを出していたおかげで、公開4年目にして初めて申し込みがきた。都内のチームと試合をするのは初めてで、やって本当に良かったと思う。(勝てればもっと良かったのだが。)
 ホームページをきっかけにして、今後ともイーグルスさんと親交を深めていきたいと思う。来週イーグルスさん・ドラゴンズさんとも都大会があるそうなので、ぜひ頑張ってもらいたい!。