新作子供会ソフトボール

2003年 9月



2003年9月7日 青少年相談員杯
 7日は馬橋東地区の大会、青少年相談員杯が行われた。
 馬橋東地区は8チームあるのだが、うちの1回戦は相手チームの不参加で不戦勝となった。

【準決勝 vs こばと戦】
 新作の後攻で始まったこの試合、先発は直哉。1死後、ファーストのエラーでランナーを許すも0点に抑える幸先のよいスタートとなった。
 その裏の新作の攻撃。先頭の大輔がレフト線を破る先頭打者ホームランで先制点を奪う。その後も高野の右中間へのホームランや相手のミスにより3点を奪う。
 2回の直哉は3者凡退で切り抜け、その裏1死後成美の四球の後、大輔の2打席連続のホームランで追加点を奪う。
 その後も2連続四球の後、5連打で計7点を奪う。
 相手の攻撃を抑えればコールド勝ちとなる3回表、2死まで抑えた直哉に変わって凌也をマウンドへ。凌也はランナーをエラーで出塁させた後、長打を浴びて3点を奪われる。
 この3点ははっきり言って計算外だった・・・。
 その裏の攻撃、コールドにするためには3点を取らないといけない状況で、先頭の希衣がセンター前にヒット。続く高野、橋之口も連続ヒット。相手ミスも重なって2点を奪う。
 凌也の四球の後、岩崎のタイムリーでこの回3点目を奪い試合終了。  試合は13対3で新作の勝ち。ただ、2死からの3点は痛い・・・。

 
こばと    
新 作 3X     13


【決勝戦 vs 竜房台戦】
 決勝の竜房台戦。この試合も新作は後攻。先発の直哉は1死からランナーを出し、2死3・2塁のピンチも抑えて上々の立ち上がり。
 その裏の新作の攻撃。先頭の大輔が四球で出塁後、2盗を決め、3番高野の適時打で先制点を奪う。なおも2死2塁のチャンスになんと直哉がセンターゴロでチェンジ・・・。
 続く2回の竜房台さんの攻撃。先頭から2連続ヒットや盗塁でランナーを進められ、内野ゴロの間に同点に追いつかれる。さらに2死から長打を浴びてあっという間に逆転される。
 その後は両チームともランナーを出すも得点を奪えず0点で進む。
 4回に竜房台さんの1番にランニングホームランを浴びて追加点を取られる。
 5回の竜房台さんの攻撃。先頭バッターから4連続ヒットを打たれ追加点を取られる。新作は前進守備を敷いてなんとか追加点を防いでいたが、センター前に打たれまたまた点を取られる。  なおも攻撃は続き、レフトフライをエラーしたりセンター前を後逸してバッターを返してしまったりと、新作のミスで大量点を与えてしまう。
 最終回の新作は3者三振でゲームセット。
 試合は11対1で竜房台さんの勝ち。新人戦の雪辱どころか、またまたこてんぱんにやられてしまった。

 
竜房台 11
新 作



 新人戦の決勝と同じ顔合わせになった決勝戦。またまた悔しい負け方をした。
 子供たちにはいつも言っているのだが、一球の大切さがまだまだ浸透していない。決勝戦に関しても自分たちのミスから点を取られてしまった。
 特に5回のレフトとセンターに関しては、集中していれば決してエラーなどしない打球だっただけに悔やまれる。本人たちにはもっともっと自覚をしてもらわないと・・・。
 子供たちにはきつい話しだが、このような試合をしていれば絶対に優勝など出来ない。
 実際に試合をするのは我々スタッフではなく、子供たち選手なのだから選手にはもっともっと頑張ってもらうしかない。





2003年9月14日 市長杯
 14日も先週に続いて公式戦。先週の青少年相談員杯は馬橋東地区の8チーム(うち1チーム棄権)だけで行われるが、この市長杯は馬橋東地区と西地区の合わせて14チームで行われる。

【1回戦 vs 三ヶ月(みこぜ)戦】
 新作の後攻で始まったこの試合、先発は直哉。初回三者凡退の絶好のスタートを切る。
 その裏の攻撃、先頭の大輔が相手エラーで出塁し、次の岩崎が左中間を抜くランニングホームランで先制。
 2回の三ヶ月さんの攻撃も直哉のエラーでランナーを出すも2連続三振でピンチを防ぐ。
 3回の三ヶ月さんの攻撃、2死まで連続三振で簡単にアウトを重ねるも、四球をきっかけに連続ヒットと廉のエラーで2死満塁のピンチでバッターは4番。ホームランで同点のこの場面で直哉の初球を右中間に打たれるも、ライト成美のファインプレーで0点に抑えた。
 その後はお互いに点を取れずに試合終了。
 試合は4対0で新作の勝ち。直哉の完封と成美の好守で幸先よいスタートが切れた。

 
三ヶ月
新 作 ×


【2回戦 vs わかくさ戦】
 この試合も新作は後攻。1回戦に続いて先発は直哉。先頭バッターを塁に出してしまって、次打者がライト前にヒット。ライトがもたついている間にランナーが本塁を狙うも中継がうまくいきホームでタッチアウト。その後連続三振でなんとか抑える。
 その裏の新作の攻撃。先頭の大輔が四球で出塁。相手のバッテリーエラーの間に先取点を奪う。
 2回裏の新作の攻撃は、簡単に2死を取られるも四球や相手エラーでランナーを出し、大輔と岩崎の連続長打で追加点を奪う。
 3回のわかくささんの攻撃。サード遠藤のエラーでランナーを出すも、盗塁を刺してアウトを取る。この回は結局3人でチェンジ。
 その裏の新作の攻撃、1死から死球や連続四球、バッテリーミスで追加点を挙げる。その後も連続ヒットや、相手バッテリーミスが続き、5点を奪ってコールド。
 試合は10対0で新作の勝ち。1回戦に続き直哉の連続完封。

 
わかくさ    
新 作 5X     10


【準決勝戦 vs 中央戦】
 今大会の山場。優勝候補の中央さんとの試合。この試合は新作の先攻。初回あっさり3人で終了。
 その裏の中央さんの攻撃。先頭バッターに2塁打を打たれる。その後もランナーを出し無死満塁のピンチ。内野ゴロで1死を取るも、犠牲フライで1点を先制される。
 2回表の新作の攻撃。1死から直哉のヒットで塁に出すも、セカンドゴロでフォースアウトになりランナーが斎藤に入れ替わる。その斎藤はバッテリーエラーで3塁に進み、1塁ランナー成美の盗塁の間にホームを踏んで同点に追いつく。
 3回表の新作の攻撃。凌也の四球や相手エラー、相手のピックオフプレーの間にホームを踏んだりと3点を追加する。
 直哉は2回3回とランナーを出すも要所を締めて0点に抑える。
 4回裏の中央さんの攻撃。サード廉の2連続エラーなどで1死満塁のピンチ。ここでセンター前にヒットを打たれ、1点差に追いつかれた直後、バッターランナーと1塁走者が3塁ベース上で重なってしまう。それを大輔が深追いしたあげく、タッチをしないでセカンドに投げてしまった。  しかもホームベース上は直哉がカバーを忘れたためがら空き。この間にバッターランナーも生還してしまい、結果的には満塁ホームランを打たれたのと同じになってしまった。
 次打者には左中間を破られ、本当にホームランを打たれてしまい、追加点を許す。
 中央さんの攻撃中に1時間を経過してしまい、時間切れで試合終了。
 試合は4対6で中央さんの勝ち。相手のミスをみすみす逃してしまい、最悪の結果となってしまった。

 
新 作  
中 央 5x  


【3位決定戦 vs 寿戦】
 この試合は新作の先攻。先発は4試合連続で直哉。初回3者凡退であっさり抑えられる。
 その裏の寿さんの攻撃。四球でランナーを出すも内野ゴロに抑えて0点で切り抜ける。
 2回以降、両チームともランナーを出すも内野ゴロ等でランナーを進められずお互い0点で試合は進む。
 4回裏の寿さんの攻撃。先頭バッターをレフトフライに打ち取ったはずが、凌也がワンバウンドで処理しようとしたがそらしてしまい、結果2塁打になってしまう。
 続くバッターも内野ゴロに打ち取ったはずがファーストがエラーでなおもピンチ。次打者をショートゴロに打ち取ったが今度はこれが本塁上でフィルダースチョイスで先制点を奪われる。
 その後もエラーや3ランホームランで重い重い5点を奪われてしまう。
 最終回の新作の攻撃は内野ゴロ3つで終了。
 試合は0対5で寿さんの勝ち。単純なフライやゴロを処理できないことがこの敗戦になってしまった・・・。

 
新 作
 寿  ×



 今回の市長杯、ここだけの話準決勝までは行けると思っていたので、それに関してはホッとしている。準決勝で中央さんとあたることは予想していたが、正直ここまで善戦するとは思っていなかったので、我々スタッフとしては収穫が多い大会となった。
 ただ、準決勝にしても途中まで前年度優勝の中央さんに勝っていただけに、1つのミスが悔やまれる。(欲をかいてはいけないのだが・・・。)
 思い返せばあの1つのミスを最後の3位決定戦まで引きずってしまったのかな、と思う。
 今の新作チームは他の馬橋地区の実力とあまりひけをとっていないと思う。それだけに1つのミスをしたほうが負けになる。
 子供たちにしてみても何人か浮き足だっている子もいたので、仕方ないとは思う。

 我々からしてみれば本当によくやってくれたと思う。このチームになって一日4試合できたこと、ランナーを出しても粘りが出てきて大量得点を与えないで済んだということも収穫となった。
 結果は結果としてとらえ、子供たちにはこの大会でここまでやれたことを自信にしてもらいたい。

 なお、この大会は2部ということで2軍選手たちも公式戦を行った。結果は負けてしまったため、2部3連覇という目標は達成することはできなかった。
 ただ、内容的には練習の成果が十分発揮できていたのではないかと思う。
 この大会以降、この2軍の選手から何人が1軍に上がってくるかわからないが、今まで以上に練習をして欲しい。